飲食店経営を始める

飲食店経営を成功させるには

飲食店を経営するうえで重要な事

飲食店を経営する際に、メニューはお店の顔として大切なツールの一つです。どんな食べ物や飲み物があり、どの程度の価格で提供しているのか、季節に見合った食べ物はないか、お薦め商品はないかなど、お客様のニーズを満たす要素を万遍なく網羅する必要があります。メニューひとつで店舗の売上が大きく変動することさえあるのです。しかし、いつまでもお客様の需要が変わらないことなどありません。嗜好はすぐに変化し、飲食店といえども、流行を敏感に感じ取り、臨機応変な対応が必要とされるのです。そのため、経営者は、お客様からアンケートや率直な意見を聴くことにより、絶えず、顧客ニーズの把握に努めています。その声を迅速に反映させることで、また新たな需要を掘り起こすことにもつながるからです。

飲食店経営で繁盛店を目指す

飲食店経営は、場所さえ確保すれば、比較的簡単に開店できますが、繁盛店として利益を上げ、持続させるのは難しいと言われています。店の経営には、立地条件、価格、クオリティなどで左右され、競争相手もたくさんあることからお客が入らず赤字になり閉店してしまう飲食店も数多くあるのです。時代の流れにのり、繁盛店になったとしても提供する食べ物のブームが過ぎて飽きられてしまったりして倒産する店舗もあります。近年では、価格競争も激しく、営業時間を長くしたり、ポイントを付与したり、食べ物とは関係ないサービスで、お客を呼び込む店もあるくらいです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 飲食店の経営に関わる All rights reserved