飲食店経営のコツ

飲食店の経営を成功させる

飲食店が競合する地域での経営

人口の多い都心部の繁華街では、飲食店が至るところに立地する光景が見られます。和食、洋食、居酒屋に中華料理など、料理のジャンルは非常に幅広いものがあります。それだけ、人々の「食」に対するニーズは高いものと思われます。居酒屋一つを例にとっても、一定の地域に多数の居酒屋が店舗を構えれば、そこには競合店舗が存在することになり、競争が生まれ、遂には競争という状態に陥ります。そのとき、経営者がとるべき方策は、第一に他店との差別化です。料理内容や店舗内の雰囲気、使う素材などを見直し、顧客の意見に十分に耳を傾けた経営を行うことで店のオリジナリティを創出し、お客様のニーズにこたえるのです。また、従業員教育にも力を注ぎ、おもてなしの心を持った対応で、お客様の心をつかむことが重要です。

飲食店経営の難しさについて

飲食店の経営で、一番うまくいっている状況は、一定の固定客がいて、その他にある程度の変動客がいるという状況でしょう。そのときは、お店が主張するシーズに基づいたメニューや味付けが受け入れられているということと、お客様が求めるものとが、うまい具合にバランスされているということになっているはずです。ときたま偏屈なマスターのかたくなな主張で経営が成り立っているということもあるし、お客様の要望をなんでも聞いてあげるということで繁昌している場合もありますが、長期的に見れば、シーズとニーズがうまくバランスを保てないと継続はできないことははっきりしています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 飲食店の経営に関わる All rights reserved