税務調査に関する相談

税務調査に関する相談では

税務調査をうけないために

個人や企業が課税申告が漏れている場合などに税務職員が確認に行くことを税務調査といいます。任意と強制がありますが悪質な場合は対応が変わってきます。申告漏れもしくは納税者本人がきがついていないこともあります。一番多いのは相続財産です。中でも現金預貯金などで、4割をしめています。使用印鑑や通帳の保管状況で金融機関で判明できます。財産の移動の様子は10年くらいさかのぼることができます。贈与や相続前に課税の対象か否かを事前に弁護士や税理士に相談しておくと良いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 飲食店の経営に関わる All rights reserved